第8位 中国語検定

中国語の能力を認定する民間資格です。準4級~1級までの段階があり、できれば中国語の基本的な文章を読み書きできるといわれる3級以上を取っておくと、中国を相手にビジネスをしている会社を受験する際にアピールになります。筆記試験とリスニング試験があり、特に翻訳に関する能力を問われます。3級の合格率は30~35%程度で、大学生でも十分合格を目指せる難易度です。準1級以上は面接試験も課されますが、合格すれば高い中国語能力をもっていることを証明できます。グローバル企業を目指す人におすすめの資格です。

資格の種類:民間の検定
年収の目安:-
合格率:30~35%程度(3級の場合)
試験内容:中国語の筆記試験とリスニング試験

第7位 ファイナンシャル・プランニング技能士

資産設計や資産運用の相談(ファイナンシャル・プランニング)をおこなうことができる技能を認定する国家資格です。金融商品を取り扱っている銀行、保険会社などを受験する場合はこの資格をとっておくとアピールになります。1級から3級まであり、2級と3級はマークシート式の筆記試験のみなので比較的とりやすい資格です。初学者でも参考書を買って自分で数か月勉強すれば十分合格を狙えます。

資格の種類:国家資格
年収の目安:300~400万円
合格率:3級が50~70%、2級が35~40%程度
試験内容:ライフプランニングや金融資産運用などの分野に関する多肢選択式の問題