MOSは多くの仕事で役に立つ資格

マイクロソフトオフィススペシャリスト(以下:MOS)とは、エクセルやワードなど、マイクロソフトのオフィス製品のスキルを証明できる資格です。MOSがどういったシーンで役立つのか、資格取得の難易度について紹介します。

MOSとは

MOSは、マイクロソフトのオフィス製品のスキルを証明できる資格です。試験科目はWord(文書作成ソフト)、Excel(表計算ソフト)、PowerPoint(プレゼンテーションソフト)、Access(データベース管理ソフト)、Outlook(電子メール・情報管理ソフト)の5つです。スペシャリストレベル(一般)とエキスパートレベル(上級)の試験が用意されています。



MOSが役立つシーン

MOSを取得すると、オフィス製品に詳しくなれます。詳しくなるということは、ソフトの使い方やコツを知っているということなので、作業のスピードが上がり、さらに質も向上します。多くの仕事で、オフィス製品を使う機会があります。仕事によっては、一日中エクセルでデータをまとめたり、ワードで文書を作成したりする場合もあるでしょう。そうしたときに、MOSのスキルを身につけておくと一目置かれる存在になれます。

資格取得の難易度

MOSの試験

MOSの試験には、受験資格はありません。年齢・国籍を問わず受験できます。「全国一斉試験」と「随時試験」の2通りの受験方法があります。筆記試験はなく、試験会場でパソコンを操作する実技試験が行われ、その場で試験結果が確認できます。

難易度

MOSの合格率は公式には公開されていません。スペシャリストレベルは基本的な機能が中心のため、初心者でも合格を目指せます。一方で、エキスパートレベルはスペシャリストレベルより難しく、ある程度の学習時間を取らないと合格できないようです。ただし、ほかの国家資格などと比較すると、取得しやすい資格といえます。