IT・情報系資格

基本情報技術者

コンピュータ、ネットワーク、プログラミングなどのIT技術に関する技能を認定する試験です。取得するとプログラマやシステムエンジニアなどIT業界への就職に有利になります。合格率は20~30%程度で、難易度はあまり高くなく3か月~半年程度の勉強期間で合格する人が多いようです。

年収の目安:-
合格率:20~30%(やや簡単)
試験内容:アルゴリズムとプログラミング、コンピュータシステム、プロジェクトマネジメントなどの分野に関する多肢選択式の問題



応用情報技術者

高度なIT人材としての応用的な知識や技能をもっていることを認定する試験です。試験ではコンピュータシステムやセキュリティ、プロジェクトマネジメントなど、幅広い分野の応用的な知識が問われます。資格をもっていると一般企業のシステム担当やIT業界への転職に有利になります。合格率は約20%です。

年収の目安:-
合格率:20%(ふつう)
試験内容:コンピュータシステムやセキュリティ、プロジェクトマネジメントなどの分野に関する多肢選択式の問題

情報セキュリティマネジメント

組織の情報セキュリティ確保のための知識・技能を認定する試験です。情報漏えいやハッキングなど、情報セキュリティへの脅威に対応する能力はどの企業でも必要となるものです。企業のセキュリティ担当などへの就職・転職に有利になる資格です。合格率は約60~70%と高く、難易度が低いので初めてIT系資格を受験する人に向いています。

年収の目安:-
合格率:60~70%(簡単)
試験内容:情報セキュリティ全般、情報セキュリティ対策、情報セキュリティ関連法規などの分野に関する多肢選択式の問題



ウェブデザイン技能士

ウェブサイトのデザインをおこなう技能を認定する試験です。試験は3級~1級の区分があり、3級は誰でも受験できます。試験はウェブデザインの技術やインターネットに関する分野から出題され、合格率は50~65%程度です。比較的簡単に資格をとることができ、未経験の人でもウェブ業界に就職・転職する際に有利になるというメリットがあります。

年収の目安:-
合格率:50~65%(簡単)
試験内容:ウェブデザインの技術やインターネットに関する分野に関する多肢選択式の学科試験と、パソコンでウェブサイト構築をおこなう実技試験